2016年11月15日火曜日

新生姜の佃煮


新生姜(おたふく)1kg  砂糖400g  醤油200ml  酒200ml

新生姜を薄切りにし、塩をししんなりしたら水で洗い 水気を切る

鍋に調味料と生姜を入れ、蓋をし火にかける。
煮立ったら蓋を取り 中火で汁気がほぼなくなるまでたまに上下を返して煮る。(2時間ぐらいかかる)
@電子レンジの場合は、噴きこぼれ防止のためにサラダ油を数滴加える。加熱時間は10分〜20分単位にしその都度かき混ぜる。

好みですりごまや鰹節をふる(そのままでもシンプルで美味しい)






2016年10月6日木曜日

紫蘇の実の佃煮



紫蘇の実120g
酒200ml   味醂50ml  醤油70ml



青じその穂が付いている塊をハサミで切る。
これをさっと洗って水気を切る(またはしごいてから洗ってもOK)
穂を切り離し、穂先から根元方向へ指で軽くしごくと 簡単に種が取れる

鍋に調味料を煮立て、紫蘇の種を入れる。
再度煮立ったら軽く混ぜ、落し蓋をし弱めの中火で煮含める。
煮汁がほぼ無くなりそうになったらデイ上がり。

れんこんの丸煮

今日、BSプレミアムでれんこんの丸煮を紹介していました。
こぶりのれんこん、皮を剥き 丸のまんま煮て 冷ましてから矢羽に切ってました。
これの方が 切りやすいはずです。
私は、まだこの方法でやったことないので 忘れないようにここに書いておきます。

2016年9月27日火曜日

フレンチトースト

材料 (4人前)
卵…2個
牛乳…120cc
砂糖…大さじ2
(バニラエッセンス…少々)
食パン(厚切り)…2切れ
バター…少々
サラダオイル…少々
作り方
1. 卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせたものに、食パンを両面一晩ひたす。
2. 熱しすぎないフライパンにバター少々、サラダオイル少々入れ、1.を両面、弱火で蓋をし、約15分じっくり焼く。
3.お好みでメープルシロップ、またはジャムを添えてできあがり。
【シェフのワンポイントアドバイス】
たっぷりめの卵、牛乳のつけ汁にじっくりひたす。弱火でじっくり時間をかけて、中身をふくらませるように焼く。 元ネタ ⇨ http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/recipe/french_toast/

2016年8月21日日曜日

青南蛮味噌(電子レンジ)


青南蛮60g前後(お好みで)
味噌200g  砂糖25g  酒大さじ4


レンジ容器に味噌と砂糖と酒を入れる

青南蛮は種とワタを取り、スライスまたは小口切りにし、味噌と調味料を入れたレンジ容器に入れ 混ぜる。

蓋をし、レンジ3分 混ぜて 3分

*青南蛮は、皮膚や粘膜に付着するとヒリヒリ痛くなるので注意してください。




2016年7月1日金曜日

わらびのアク抜き


わらびが入る容器にわらびを入れ、灰をふりかける


わらびがかぶる位熱湯を注ぎ入れる



附属のすのこがあるので、私はすのこをのせて押さえる。
なければそのままでOK!
蓋をして12時間ほど放置



水で洗い流すと こんなきれいなわらびになっている

先っぽは表面積が多く傷みやすいので長期保存する場合は、先っぽだけ先に食べる。
タケノコと同じように、タッパーにわらびと満タンの水道水を入れ、蓋をし(空気抜きしたときに水が飛び出るほどの水)冷蔵保存する。

使うときに水を入れ替えること。

長期保存には浄水ではなく水道水を使いましょう。

わらびのアク抜きには灰が最適なので、灰があれば大切に保存しましょう。買うと高いよ。






2016年6月19日日曜日

梅干し用の追熟について


宮本農園やマルゴ選果場のおかげで完熟梅や樹熟梅を宅配で販売してもらえるようになり、おかげさまで 近年青梅を2〜3日追熟して梅干しを作るということがなくなりました。(写真は今年6月1日に届いた五ヶ所小梅です。)

『2日追熟し、塩漬けするために梅の重さを計ったら足りなかったので、塩の分量を減らした方がいいですか?』
という質問をいただきました。

人間は飲み食いします、木にぶら下がってる梅も根っこから水分を吸収しています。収穫した梅は飲み食いできませんが呼吸しているので水分は蒸散します。痩せるんです。

スーパーで買ってきた葱を袋にいれたまま冷蔵庫に入れておくと、袋の内側に水滴がつきますよね。葱から出た水分で、それだけ葱は痩せてます。
買ってきた茄子を袋から出して、常温に置いて2日たったら少しシワシワになります。痩せたんです。

梅も同じように痩せます、私は痩せません 飲み食いしてますから。

と、いうことなんです。

追熟で減った水分量は、気にするほどではないので塩漬けの塩分量も気にしなくてかまいません。